鎮静剤(全身麻酔薬)を使用した胃カメラ検査について

当院ではご希望の方に、胃カメラ検査を麻酔下で受けていただけます。薬剤で眠っている状態で検査を行いますので、苦痛が少なく、安全に受けていただくことが可能です。

 

以前に麻酔を使用して検査を受けられた方から、「薬の影響で2時間ほどふらつきが出てしんどかった」などと言われることがあります。

 

当院で使用している薬剤は比較的早く覚醒するため、検査後15分程度でほとんどの方は普段通りの状態に戻られます。その後、念のために検査後30分ほどは院内で経過観察いたしますが、帰られてからはいつも通りの生活が可能です。車の運転などには制限がありますが、午前中に検査を受けられ、午後からお仕事に行かれる方もおられます。

 

麻酔薬を使用することで呼吸抑制など、デメリットも起こりえます(当院では問題となるような偶発症が出現した例は現在までありません)。

また、食物アレルギーの状況によっては、麻酔薬が使用できない場合もあります。

 

ご希望の方は検査予約の際にしっかりとメリット、デメリットを説明させていただきますので、ぜひ、お気軽におたずねください。

br dohfamilyclinic
特定健診・各種がん健診 眠ってる間にできる無痛の胃カメラ検査/鼻からできる負担の少ない胃カメラ検査についてはこちらから お問い合わせ Contact どうファミリークリニック Facebookページ Director's Blog 院長ブログ
Copyright© DOH FamilyClinic All Rights Reserved.