胃カメラ検査の際の鎮静剤使用について 〜安全で苦痛の少ない検査を〜

胃カメラは苦しい検査とお思いの方が多いと思います。「麻酔をかけてもらって、眠っている間に胃カメラをしてもらった」聞かれることがあるかと思います。これは“鎮静剤”を用いて行う検査です。

 

当院では意識下鎮静法を積極的に行っております。

これは少量の鎮静剤を使用することで、検査に対する不安を軽減し、リラックスした状態で検査を行う方法です。少しボンヤリした状態からウトウトする程度の鎮静をかけることで、苦痛の少ない検査を受けることができます。

 

よく、「前回はしんどくなかったので今回も大丈夫」と言われる方がおられますが、その時のコンディションや緊張の度合い、カメラ挿入の不快感の感じ方によってはやはり苦しいことがあります。

 

また、経鼻内視鏡検査は、経口に比較して楽にできる検査ではありますが、特に女性の場合は鼻腔内が狭く、痛みや不快感などの苦痛を伴うことがあり、当院では経鼻内視鏡の際にも鎮静剤の使用をおすすめしております。

 

意識下鎮静法で使用する鎮静剤の量は非常に少量ですので、検査終了後30分ほど休んでいただくだけで帰宅可能です。

 

胃カメラを受けたいが不安が… と思われる方は、詳しく説明させていだきますので、ぜひご来院ください。

 

kenkoushindan_ikamera

br dohfamilyclinic
Copyright© DOH FamilyClinic All Rights Reserved.