経鼻内視鏡を導入しております

経鼻内視鏡検査とは

鼻から検査できる内視鏡で、食道、胃、十二指腸を調べる検査ができます。
カメラの付いた細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入します。

体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活が可能です。

 

経鼻内視鏡検査のメリット

●つらさが軽減される

口からの内視鏡に比べて、挿入時のつらさがかなり軽減される
吐き気や息苦しさは比較的少ない
心拍数・血圧の変動も少ないため、体に負担が少ない

●検査中も比較的ラクに受けられる

通常通り意識があるので、医師と一緒にモニターを見れる
会話ができるため、疑問点があればその場で確認できます

●検査後はすぐ日常生活が可能

車の運転、仕事などもすぐに可能
検査後一時間もすれば通常通り飲食が可能

 

検査前の注意点

●検査の前日

・夕食は九時頃までにすませてください(できるだけ消化に良いものを!)
・前日はアルコールはお控えください
・早めに就寝してください
※水は夜中の0時頃まで飲めます

●検査当日の朝

・朝食は抜いてください
・水は、検査の二時間前までに、コップ二杯程度までです
・血圧の薬を服用中の場合は、必ず服用してきてください
・ガードルやコルセットなど体を締め付けるものは検査前に外してください

検査当日の流れ(例)

1)受付・問診
・予約時間の10分前にはクリニックに着くようにしてください。
・安全に検査を行うため、問診を行います。

2)前処置
・消泡剤を飲みます
・血管収縮薬を両方の鼻にスプレーします
・鼻腔に麻酔を行います
・麻酔薬を塗った細くて軟らかいチューブを鼻から挿入します

3)内視鏡挿入
通りのよい方の鼻から内視鏡を挿入します。
(5~10分程度)

4)検査後
検査結果や治療についてのご説明をします。
すぐに帰宅が可能です。

 

br master
Copyright© DOH FamilyClinic All Rights Reserved.